トップ工場検索

オイル交換

広島県のオイル交換について

広島県のオイル交換について

広島県では2016年現在 約143万の乗用車が保有されています。全国で12番目の規模です。

エンジンオイルは消耗品なので、定期的な交換をお勧めします。

広島県のオイル交換について

なぜエンジンオイルを交換しなければならないか

エンジンを悪くさせる要因の一つとして、ガソリンによるエンジンの汚れが挙げられます。エンジンが汚れれば燃費に影響が出たり、エンジンの寿命を縮めたりします。
エンジンオイルはガソリンや熱・錆からエンジンを守ってくれます。またエンジンオイルを交換することによって、ガソリンの汚れを落とすことができます。そのためエンジンを長持ちさせたいならエンジンオイルの交換が必要になるのです。

広島県のオイル交換について

エンジンオイルの交換時期は?

エンジンの回転数にもよりますが、一般的にエンジンオイルは5000Kmもしくは交換から1年後が交換タイミングだと言われています。ただ、いつ交換したか細かく覚えていない場合もあるかと思います。その時は専門家に診断してもらうの一つです。

エンジンオイル選びのポイント

エンジンオイルは粘度、ベースオイル、品質規格の3つの観点から適切なものを選ぶ必要があります。粘度が低いと寒さに強く、高ければ熱に強いという特徴があります。高速性能が高いクルマや大型車両などのパワーが必要なクルマは粘度が高いものが推奨されます。
ベースオイルは種類によって金額が変わります。性能重視やクルマを大事にしたい方には多少予算がかさみますが化学合成油をおすすめします。特にこだわりがなければ鉱物油や部分合成油でも問題ありません。
品質規格については、4段階で評価されており、SJ、SL、SM、SNの4つの区分があります。(左から順にランクが上がります)。パッケージにそれらの記号が記載されていますのでご確認ください。

工場を探す

市区町から最寄りの工場を表示

市区町で探す

ご要望を通知する

送信

送信中
貴重なご意見、誠にありがとうございます。
個別の返答は控えさせていただきますが、
次年度の改善案としてご検討させて頂きます。